足関節捻挫@

  

自転車転倒.jpg

20代女性

自転車で子供を乗せて坂道を走行中

転倒して足で踏ん張った時に負傷

  

  

受傷して2日後に来院

の2か所を損傷しています。

反対側(健側)と比較しても歴然です。

損傷による腫脹が著名です。

 1日.JPG

 

・左の健側とは違い腫脹による丸みが全体的に出ています。

この時では患者さん自身は何処を負傷・痛めているかは解らない状態です。

処置としてアイシングを15分〜20分程度しっかりとします。

1日B.JPG

 

上記2枚の写真の解剖学的骨格図になります。

ブロック状に構成されている関節を損傷しました。

関節面には靭帯が付着しており、負荷もかかりやすくケガがしやすい場所になります。

上記と少し腫脹の場所が違う感じですが、大きく腫れている為範囲が広大になっています。

足関節.jpg

 

 

包帯による圧迫固定です。

これで、歩行が随分楽になります!!

日常生活で動かして使ってしまいますので、この様に固定をします。

包帯は毎日交換していきます。

1日33.JPG

 

 ・受傷5日目で治療3回目の状態になります。

指先に変化がでました。腫脹の減少と内出血班の出現です。

損傷箇所の内出血が循環する事でケガが早期回復します。

足首に近い腫脹が減少して骨が少し見えてきました。

先ほど説明した指先の内出血がここから移動した事で症状の変化に繋がりました。

3日治療前.JPG

 

 治療と処置です。今日もアイシングをしっかりとして、患部に消炎鎮痛軟膏を塗りこみました。

内出血班がさらに出現しているのが解ります。腫脹が減少して内出血が循環している状態です。

3日A .JPG

 

患者さんが痛みを訴えている場所です。

部分的に膨れ上がっています。

損傷個所が少しずつ明確になってきています。

3日目.JPG

 

 受傷10日目の状態です。

腫脹・内出血が減少しているのが、解りますね。

患者さんの歩行もスムーズになってきまた。

 10日.JPG

 

 この様に受傷数日間できなかった事で、足に力が入るようになりました。

順調に回復しています。これからアイシングの処置ではなく温浴からのリハビリ運動を取り入れて筋力UPを計ります。

 10.JPG

親子.jpg

 

 

 

 

 

 

自転車に乗るときは転倒に気を付けて、安全運転でお願いします。

転倒による捻挫・打撲・靭帯損傷は当院まで。

大阪市天王寺区玉造にある整骨院です。肩こり頭痛寝違え40肩50肩腰痛ギックリ腰坐骨神経痛膝痛スポーツ外傷交通事故労災対応しています

 

 

 

6.jpg 18.jpg

大きな地図で見る

住所〒547-0026 大阪府大阪市天王寺区玉造元町2-11
TEL/FAX06-6761-5900

19.jpg