四十肩・五十肩の痛みは老化の問題?【大阪市天王寺区玉造のウェルケアやまで整骨院】

四十肩・五十肩は・・・
正式に『肩関節周囲炎』といいます。


四十肩・五十肩の原因は・・・
肩関節の中にある骨と骨がこすれ合わないように関節液が入った袋(関節包)や靭帯(骨と骨を結ぶワイヤー)、軟骨などが長年の使い過ぎによる疲労物質の蓄積が根本の原因となります

今現在自覚症状がなくて出ていない人でも、四十肩・五十肩の予備軍でもあります。

肩や腕が上がりにくい・動かしにくい・ゴリゴリなどの音が出てしまうなどでは、関節・筋肉・靭帯などに強く負担がかかってしまいます。その様になる前に早めの治療を勧めます。

 

 

でも本当に、これらの身体の「部品」が古くなったことだけが原因なのでしょうか?

 

人には必ず利き腕というものがあります。日常生活では利き腕のほうをよく使いますので、当然利き腕の部品も磨り減りが早いはずです。ところが症状のでる腕は利き腕とは限りません。それは何故でしょうか?

 

身体は使い過ぎても消耗してしまいます。が、使わな過ぎても筋肉が硬くなり関節が動きにくくなります。

身体は毎日定期的に使わないと、筋肉が必要ないと勝手に判断してしまいます。それで筋肉が硬く・弱くなってしまい大きなケガと移行していきます。

大阪市天王寺区玉造にある整骨院です。肩こり頭痛寝違え40肩50肩腰痛ギックリ腰坐骨神経痛膝痛スポーツ外傷交通事故労災対応しています。

平日お昼休みなし土曜日・も15時まで受け付けしています。

 

 

 

6.jpg 18.jpg

大きな地図で見る

住所〒547-0026 大阪府大阪市天王寺区玉造元町2-11
TEL/FAX06-6761-5900

19.jpg